「土用の丑の日にうなぎ」を作ったのは平賀源内

2015-12-24_135232

都市伝説テラーが「土用の丑の日にうなぎ」を作ったのは平賀源内を語る。

スポンサード リンク

実は日本の土用の丑の日に、うなぎを食べるという食文化を作ったのは日本で有名な発明家である平賀源内である。

スポンサード リンク

平賀源内は知人のうなぎ屋さんから「うなぎが全く売れなくて困っている」という相談を受け、このような食文化を日本に広めた。平賀源内は発明家であると同時に元祖の広告代理店であり、コピーライターでもあった。

その平賀源内が「土用の丑の日=うなぎ」というイメージを日本国民に定着させたのである。

「土用の丑の日」自体に何の意味もないが、街中のうなぎ屋に「土用の丑の日」というノボリをあげさせ、街中の人達に「土用の丑の日」になるとウナギが食べたくなるように刷り込んでいったのである。

ちなみに、一応、「土用の丑の日」に「う」の付くもので、黒いものを食べると良いという民間伝承があり、平賀源内はそれを利用したと考えられる。

スポンサード リンク

信じるか信じないかはあなた次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ