関暁夫「すでに開発されている未来携帯」

2015-12-24_135425

都市伝説テラー・関暁夫すでに開発されている未来携帯を語る。

スポンサード リンク

未来の携帯電話というのは既に開発されている。

スポンサード リンク

それは骨伝導システムを使用した指輪型の携帯電話である。これを開発した段階で、既にイヤリング型の携帯電話は存在している。だから、この携帯電話に受信しただけで、それを操作すれば、骨伝導で全て会話が出来てしまう。これがピップエレキバン方式であるが体の外に設置する方式である。これを体外ではなく、体内に入れるか否かというのが、今後の携帯電話開発の焦点になるのだという。

体内に埋め込む形になれば、便利になるが、そうなってしまうと情報操作に支配されてしまう危険性もある。

更にGPSも埋め込まれているので皆がどこで何をしているか、管理されてしまう時代がくるかもしれないのである。

スポンサード リンク

信じるか信じないかはあなた次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ