栃木県・佐野市 ひまわり禁止の小学校

2015-12-07_111600

夏の花の定番といえば『ひまわり』ではないだろうか。比較的気温の寒暖差に強く、小学校の花壇にも植えられている事が多い。

スポンサード リンク

夏休みに学校のひまわりが生えている花壇に交代で水をやりにいった思い出をお持ちの人もいる事だろう。

しかし、栃木県南部・佐野市にある某小学校では、ここしばらく花壇にひまわりが植えられた事がない。

それどころか、この小学校ではひまわりの存在そのものが禁忌とされている。

何でも、この学校にひまわりそのものや、ひまわりをモデルにした絵画があると、遠からず不幸が訪れるといわれている。

スポンサード リンク

その不幸というのが、厄介にも人死に。

何故、よりによってひまわりがそのトリガーになるのか理由は分からないのだが、それでも時々、この学校にひまわりが現れる事があるようだ。

何者かが深夜から宋朝にかけて校内に侵入し、教室の黒板に、ゴッホの絵画『ひまわり』の贋作を描くという事が続いているのである。

そしてこの絵が黒板に残されていると、児童、教職員のうち誰か1人が亡くなるというのである。

この侵入者は数年おきにやって来ると言われていて、一旦黒板に『ひまわり』を描かれると、学校関係者のうち誰か1人が亡くなる事は確定となるのだから不気味である。

そもそも、何故ひまわりなのか。そして誰がこんな事をするのか。

詳細は不明であるが、件の理由もあり、現在でもこの小学校ではひまわりは禁忌のままである。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ