芸能人のいいわけ

2015-12-07_110959

人はピンチに陥ると思わず言い訳をしてしまったり、ふと自分の力を誇示して見たくなってとんでもない行動にでる事があるが、それは芸能人も同じ様である。

スポンサード リンク

昔、刑事ドラマ全盛期の時に放送されていた『Gメン75』。

メインキャストが延々と直線道路を歩いている映像が印象的であったが、これに出演していた故・丹波哲郎がスピード違反で捕まった時の事。思わず丹波哲郎は『Gメンだ』と言ってしまった所、お咎めなしになったという。

こちらは、担当警察官に『仲間じゃないか』というニュアンスの言葉を言ったが、結局

スポンサード リンク

見逃してもらえなかったというのが真相の様であるが、他にも毒蝮三太夫が高速道路の料金所で『ウルトラ警備隊の者だ』と言って、料金を支払わずに通過したという話もある。

前者に至っては、もしそれで見逃していれば担当警察官が責任を問われたであろうし、後者に至っては既に犯罪である。

これは、芸能人が今よりももっと高嶺の花であった時代の逸話なのであろうが、現代では到底考えられない話だろう。

他にも、旧国鉄時代には元プロ野球選手の金田正一が『やあやあやあ、金田です』の一言で国鉄をただ乗りしていたという話もある。

今や芸能界といってもピンきりで一昔前と比べると別世界というイメージは薄いが、一昔前はこのようにして特権意識を持てた業界だったのかもしれない。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ