SMAPに入る事の出来なかった意外な大物

2015-12-07_110934

国民的なトップアイドルと言えば『SMAP』であるが、彼らが結成されたのは1988年2月の事である。当時は中居正広・木村拓哉・草彅剛・稲垣吾郎・香取慎吾・森且行の合計6人で活動していた。

スポンサード リンク

1996年に森且行が脱退したが、その後も人気は陰りを見せる事はなく、現在までトップの座に君臨し続けている。

その当時、ジャニーズ事務所にはSMAPの前身となるグループが存在していた。それは1987年に結成された、その名前も『スケートボーイズ』である。かつて、一世風靡した『光GENJI』のバックで踊る事を主要活動として、延べ20人近くのメンバーで構成された幻のグループである。

そnおうちから選ばれた6名がSMAPとして世に出たワケであるが、そこで漏れたメンバーの中には意外な大物の名前も存在し、大変興味深い内容になっている。

スポンサード リンク

SMAPに選ばれなかったメンバー達は、その後、光るGENJIのヒット曲『剣の舞』のバックダンサーグループとして活動する『平家派』に参加。剣を持ちながらのバックダンスを務めた。次の曲『地球をさがして』でもバックを担当し、小旗を振るダンスを披露している。

その平家派に所属していたのが、現在ではTOKIOのメンバーとして活躍している城島茂・山口達也・国分太一の3名。またV6の坂本昌行・長野博・井ノ原快彦ら3名も所属していた。更には、現在、俳優として活躍している反町隆史(当時の名前は野口隆史)や、『時の扉』などで知られるロックバンド・WANDSのボーカルを務めていた事もある和久次郎の名前もあり、現在、第玉県の川口市議会議員として活躍している元メンバーもいるという。

それぞれが別の道に進み、その世界で活躍・成功しているワケだが、もし、運命が違って、その中の誰かがSMAPに選ばれていたとしたら。そう考えると、少し楽しい様な気もする。

しかし、歴史はきっと全く違っていたに違いない。今の活躍の場がそれぞれの最良の道であったと信じたいものである。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ