友近「犯罪史に残る魔性の女の逃走劇」

2015-12-24_140015

都市伝説テラー・友近犯罪史に残る魔性の女の逃走劇を語る。

スポンサード リンク

友近は「女性犯罪史」という書籍を愛読書としている。

スポンサード リンク

その中でも興味を持ったのが福田和子である。福田和子の起こした事件というのは松山で起こした同僚ホステス殺害事件である。福田和子は事件後15年間逃亡を続けたが、その逃亡の間に整形手術で顔を変えていった。

そして時効3週間前に逮捕され、日本で初めて懸賞金がかけられた事件でも有名。何故、福田和子が15年間逃げ続ける事が出来たかといえば、顔を変えたという理由もあるが、この15年間の間に出会った男性が援助したからである。

ではなぜ、福田和子に男性達は援助したのだろうか。

福田和子はお世辞にも美人とはいえない顔立ちだが、男性を虜にする技術に長けていた。この事件を追いかけた記者に聞くと、とにかく福田和子は魔性の女だったという。福田和子と関係のある男性が、事情聴取の為、10数人が集められた。すると10数人全員が顔見知りであった。

男性全員が言ったのが、とにかく福田和子は男性を喜ばせる技術に長けていたという上記したのと同じ事であった。

スポンサード リンク

信じるか信じないかはあなた次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ