織田信成を明智という警察官が逮捕本能寺の変以来の因縁

2015-12-05_115456

戦国時代、全国制覇に向けて次々と軍を動かしていた大名と言えば織田信長である。

スポンサード リンク

織田信長の覇業はあえて説明するまでもない事であるが、織田信長は悲願の全国制覇を果たす事がないままに、本能寺の変によって命を落としている。

織田信長を死へと追いやったのは家臣であった、明智光秀であり、明智光秀は織田信長をだまし討ちするような形で焼き討ちを行い、織田信長を殺害する事に成功した。

しかし、その後は、追手の猛反撃によって死亡している。

スポンサード リンク

時は流れ2000年代。フィギュアスケート界では、あの織田信長の子孫である織田信成が活躍していた。

織田信長の血族は現代にあっても抜きに出た才能を有していたのである。

そんな彼の子孫であった織田信成が、ある時、飲酒運転で捕まってしまい、その後は涙ながらに謝罪会見を行っていた様子は記憶に新しい。

もう終始号泣で、涙と鼻水でぐちゃぐちゃになっていたものである。

「何もそこまで泣かなくても…」という気持ちになった人もいたようだが、この子孫を道路交通法違反で逮捕した警察官について面白い都市伝説が流れている。

なんでも、この時に逮捕した人物は、明智という名字の警察官だったのである。

織田と明智。

本能寺の変から既に何百年も経過しているにも関わらず、今でも明智は意識せずとも織田の寝首をかことしているのかもしれない。

因縁というものは、何代経ったとしても切れる事はないのかもしれない。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ