イルミナティのマスターとその操り人形

2015-12-05_114839

現在の米国の芸能界を動かしている10人の代表的なイルミナティのマスターとpuppetのリストだ。

スポンサード リンク

#10 —マドンナ

#9 — ジャスティン・ビーバー

#8 — ケシャ

#7 — リアーナ

#6 — ニッキー・ミナージュ

#5 — ケイティ・ペリー

#4 — ブリトニー・スピアーズ

#3 — レディ ガガ

#2 — カニエ・ウェスト

#1 — ジェイ-Z

10番目と1番目に紹介されたマドンナとジェイ-Z (ビヨンセの夫であると同時にハンドラ(マスター)として知られている)は、イルミナティの操り人形であったが、現在は、彼ら自身がアメリカの芸能界を動かすMasters (イルミナティ)に分類されている人物だそう。

エンターテインメント業界では、多くのパワーブローカーたち(イルミナティ)が存在する。

スポンサード リンク

彼らは大衆に緻密に企画されたプログラム(価値観とアジェンダ)を注入させることで、大衆を制御し、支配することを望んでいる。いわゆる”カーテンの後ろにいる主人”と呼ばれる彼らはこれらを実行するために、自分たちが操縦する人形( Puppets )を雇用する。

このpuppetの中には、子供の頃からマインドコントロールで犠牲になった彼らの人格の中に、強制的に植え付けられたもう一つの人格に支配され、自分の意志とは関係なく、彼らの操り人形になった人々がいる。

ブリトニー・スピアーズが代表的なケースだと言えるだろう。

しかし、彼らの中で、より多くの場合は、富と名声を得るために喜んで自分の魂を売ってしまい大衆を惑わすイルミナティのpuppetとなっているのだ。

その過程がどうであれ後になって、自分がイル○ナティの悪魔的なアジェンダを実行するpuppetとされている事実に苦痛を感じて彼らとの関係を断とう試みた芸能人たちもいたが、彼らは一様にすさまじい報復を経験している。

イルミナティとの関係を断絶し、自分を愛してくれたファンに彼らの正体を知ってもらおうとすれば、結局事故死を装った殺害を受けなければならなかったマイケル・ジャクソンを覚えておこう…。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ