オウム真理教 地下鉄サリン事件

2015-12-05_113007

1995年(平成7年)3月20日午前8時ごろ、東京都千代田区の地下鉄霞ヶ関駅を通る日比谷線、丸ノ内線、千代田線の電車の中で、異常な臭気によって倒れる乗客や駅員が続出した。

スポンサード リンク

化学兵器として使用される神経ガス「サリン」が散布されたのだ。

この事件で、乗客や駅員ら13人が死亡。負傷者数は約6,300人とされる。

日本において当時戦後最大級の無差別殺人行為であった。

1994年に発生した『松本サリン事件』に続き、大都市で一般市民に対して化学兵器が使用された史上初のテロ事件として、日本のみならず全世界に衝撃を与え、世界中の治安関係者を震撼させた。

1995年3月20日は月曜日。

事件は平日朝のラッシュアワーのピーク時に発生した。

霞ヶ関の官公庁の公務員は、通常は午前9時30分頃に出勤することが多い。

しかし、月曜日だけは朝早くに朝礼があるところが多く、8時という早い時間を狙ったのはそういう官公庁の内部を知っている者が犯人の中にいたからではないかと推測されている。

日比谷線中目黒行きの電車では、秋葉原駅に着いたころ、3車両目で新聞紙に包まれたものから刺激臭が漂いだし、築地駅で電車が非常停止するまでに、各駅のホーム上はガス中毒の症状で苦しむ乗客たちであふれた。

スーツ姿のサラリーマンたちも顔面が青白くなり、鼻や口から血を流し、医療用担架に寝かされている。

”他の要救助者を駅内から地上へ運んでいる途中、自分と一緒に要救助者を抱えている人が突然ひざを落とすのを見たところで記憶が途切れ、次に気がついたときは自分も病院に運ばれていた”(被害者談)

救護隊は当初、原因がわからなかった。

そのため、霞ヶ関駅では、駅員数名がサリンとは知らずに危険物を排除しようとして、駅助役と電車区助役の2名が死亡、231名が重症を負った。

サリンは1938年、ナチス・ドイツ下で開発された猛毒の神経ガスの一種だ。

その毒性は青酸カリの約500倍。

吸うだけでなく、皮膚に触れるだけでも死に至る可能性がある。

現場に急行した救急隊はあまりの被害者の多さに、応援要請や車内の異臭の報告を繰り返した。

そのため災害救急情報センターはパニックに陥っていた。

逸早く原因はサリンだと気がついたのは信州大医学部教授の柳沢信夫氏であった。

柳沢氏は、報道される負傷者の症状が松本サリン事件のものと酷似している事に気がつき、東京の各病院へサリンによる毒ガス負傷の可能性を伝えるとともにその治療法をFAXにて伝達した。

尚、地下鉄サリン事件で使用されたサリンは松本サリン事件と同様に、サリンと他の薬品を混合させた純度の低いものであることが判明している。

このため異臭が発生した。

純度の高いものは無色無臭で、皮膚からも体内に浸透する。

これに関して、麻原は「純度は低くてもかまわない」と信者に言い、純度よりも攻撃を最優先させたのではないかとされている。

もし、純度が高いものが使用されていたら、死者が数千人以上出ていたと推定されている。

スポンサード リンク

液体のサリンはビニール袋に入れられた上で新聞紙に包まれていた。

使われていた新聞紙はとある団体が発行しているものである。

この新聞の読者は、ほぼその団体の構成員と支持者に限られるため、一時的にオウムへの矛先を逸らす目的があったと思われる。

各実行犯は、約1リットルの袋詰めを2つを運び、林泰男だけが3つを携帯した。

犯人は各々に命じられた列車に乗り込み、乗降口付近で先端を尖らせた傘を使い、袋を数回突いて下車。

それぞれの犯人が共犯者の用意した自動車で逃走した。

営団地下鉄はラッシュ時には非常に混雑するため、車両間を移動することは大変困難であった。

地下鉄サリン事件前から、オウム真理教には公証人役場事務長逮捕監禁致死事件・坂本堤弁護士一家殺害事件などに対する疑惑があった。

追及の動きが高まっていたため、麻原は強制捜査を遅らせてその間に証拠隠滅を図ろうとしていた。

事件2日前の3月18日、麻原ら幹部を乗せたリムジンにおいてサリンを散布する案が浮上。

強制捜査の直前に大規模なテロ事件を起こせば、警察の捜査の目を逸らすことができ、強制捜査もなくなると考えたのだ。

そうして、朝の通勤時間帯で混雑する地下鉄内でのサリンの散布を信者達に命じたのだった。

このため霞ヶ関や国会議事堂・永田町などの、国家の中核を支える重要な地点が標的にされた。

後の調べによると、オウムは、地下鉄で通勤してくる警察官が多い警視庁本庁も間接的に攻撃できると考えていたようである。

しかし、教団の目論見とは裏腹に事件の2日後の22日、警視庁は新興宗教団体オウム真理教に対する強制捜査を実施した。

教団への数多くの疑惑の他、事件前の1月に上九一色村の土壌からサリンの残留物が検出されたことから地下鉄サリン事件はオウム真理教が組織的に行ったと推定していたのだ。

事件から19日後の4月8日、教団幹部であった林郁夫を放置自転車窃盗の容疑で逮捕。

警察は当初、教団の実態把握を目的に取調べを行っていたが、麻原や教団に不信感があった林が「私が地下鉄にサリンを撒いた」と自供した。

林の全面自供で、5月6日、警察は地下鉄サリン事件をオウム真理教による組織的犯行と断定。

そして5月16日、麻原彰晃(当時40歳)が山梨県上九一色村の教団施設「第6サティアン」の隠し部屋に潜んでいるところを逮捕された。

地下鉄サリン事件の逮捕者は40人近くに及んだ。

事件によりオウム真理教は宗教法人の認証認可取り消し処分を受けた。

警察の捜査と幹部信者の大量逮捕により脱退者が相次ぎ(地下鉄サリン事件の発生から2年半で信徒数は5分の1以下になった)、オウムは組織として大きな打撃を受け破産したが、現在はアレフに改組し細々と活動を続けている。

また、アレフ代表の上祐史浩は、地下鉄サリン事件が起きた際、オウム真理教の事件の関与を否定している。

「ああいえば上祐」と揶揄されるほどの回避で、巧みに事件と教団の関与を否定していた。

日本の公安審査委員会は破壊活動防止法(破防法)に基づく解散措置の適用を見送ったが、アメリカ国務省は現在もアレフをテロリストグループに指定している。

現在も事件の被害者・目撃者は後遺症やPTSDなどに悩まされる日々が続いている。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ