カンニング竹山「忠臣蔵から生まれた意外なモノ」

2015-12-24_140717

都市伝説テラー・カンニング竹山忠臣蔵から生まれた意外なモノについて語る。

スポンサード リンク

アコム」というお金を借りるところで、一時期「むじんくん」という消費者金融の自動契約機があるのはご存じだろうか。むじんくんとはどのような意味なのか。誰にも会わずに無人でキャッシングできるという意味だと、思っている方が多いが、実は意味があり、忠臣蔵と非常に深い関係がある。

スポンサード リンク

忠臣蔵に大石無人良房(おおいしむじんよしふさ)という人がいた。

大石無人良房はどのような人かと言うと、大石内蔵助(おおいしくらのすけ)の一族であり、大石内蔵助たちが討入りに行くとき、お金をバックアップしていた影の役者だ。大石無人良房がいないと、討入りはできなかった。

大石無人良房がお金をバックアップし、討入りを成功させたという事から、アコムが誰もいないところで、お金を借りられるシステムを作る時、大石無人良房から名前を取って「むじんくん」とつけたと言う。

スポンサード リンク

信じるか信じないかはあなた次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ