神楽坂 逆転式一方通行の田中角栄関与説

2015-12-05_102127

神楽坂は東京都・新宿区に存在する坂である。

スポンサード リンク

『神楽坂』の名称の由来は、この坂の右側に高田穴八幡の旅所があり、祭礼でも神輿が通過する時に神楽を演奏したからとも、『若宮八幡の社』の音楽の音がこの坂まで聞こえたからとも言われる。

さtえ、この神楽坂は、全国的にも希少な逆転式一方通行となっていて、自動車などの進行方向が午前と午後で逆転する。

午前中は『坂上(早稲田側)⇒坂下(飯田橋側)』であるが、午後にはそれが逆になるので、通行する時には注意が必要になる。

神楽坂がこの様な珍しい一方通行になった事には、元首相である田中角栄の存在が関与しているという噂・都市伝説がある。

スポンサード リンク

神楽坂の近くには田中角栄邸が存在し、田中角栄が自宅から国会議事堂へ行き来が楽になる様に、この様な珍しい変則的な一方通行にしたというのである。

つまり、逆転式一方通行になった背景には、田中角栄が目白台の自宅から永田町に午前中に出勤し、午後に帰宅するのに便を図ったからとの事だが、実際の所は明らかにはなっていない。

この一方通行とそれにまつわる話は結構有名で、人によっては『国会議事堂』が『恋人宅』になっていたりと諸説存在が、そもそも何故、この様な一方通行が出来たかと言えば、神楽坂の歩道を広げた際に車道が狭くなり、相互通行が難しくなってしまったからである。それで地元の人達と協議し、現在の様な形状になったというのが実際の所らしい。

ちなみにこの神楽坂はこの様な変則的な一方通行であるにも関わらず、大きな事故は全く発生していないのだとか。

これは噂のおかげで、時間帯によって通行可能な方向が変わる事が広く知られたからなのだろうか。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ