水道橋博士「人間が老化しない衝撃の方法」

2015-12-24_142034

都市伝説テラー・水道橋博士人間が老化しない衝撃の方法について語る。

スポンサード リンク

人間が老化するのは食べるからである。人間が食べる理由は成長する為であり、言い換えればどんどん老けているのである。要するに死に一歩一歩近づいてるのだ。その為に老化しないようにするのなら、食べなければ良いと考えた人が居る。

スポンサード リンク

山田鷹夫という人で自ら人体実験を行い、その本を「不食」という題で出版したのだ。食べなければ死ぬと思われがちだが、この本には生物学根拠を載せている。これはクラゲの逆成長と呼ばれるものであり、クラゲを海水の中に入れて栄養をまったく与えず、クラゲはどんどんと若返っていった。つまり食べない事で時間が逆戻りして、若返りが行われている。

もう1つ生物学根拠がありそれは世界初のクローン羊のドリーである。大人の羊の細胞を切り取り、培養を行う際に栄養を一切与え無い事により、その細胞の遺伝子が初期化されたのである。このような経緯でドリーは誕生した。

3年間食べずに記録したのが「不食」であり、この本はベストセラーを獲得した。

スポンサード リンク

信じるか信じないかはあなた次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ