皮膚が魚のウロコ状になる奇病『魚鱗癬(ぎょりんせん)』

2015-12-04_101931

スポンサード リンク

魚鱗癬(ぎょりんせん)とは、皮膚病の一つだそうだ。

スポンサード リンク

魚の鱗のように皮膚の表面が硬くなり、剥がれ落ちる病気。

遺伝子異常による皮膚表面角質の形成障害が原因と考えられいる。

夏は体温調節が難しく、治療法はまだ見つかっていないという。

伝染性は全くないが、外見の印象が強い症状であるため、差別・偏見の問題があるとのこと。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ