ドラえもんが宙に浮いている理由

2015-12-04_100549

世代を問わずに愛され続けるキャラクターであるドラえもん。国民的なキャラクターとなっているが、ドラえもんには数々の細かな設定があり、その様な点がまたファンの心をくすぐっているのである。

スポンサード リンク

その様な設定の中には『ドラえもんは常に宙に浮いている』というものがあるのをご存知だろうか。

普通に絶ったり歩いたりしている様に見えるドラえもんであるが、足の裏は常に地面から少し浮いているという。

なんて事のない設定の様には思えるが、実はこの設定にはきちんとした理由が存在する。

スポンサード リンク

そもそも、『ドラえもん』が始まった時には、この様な設定はなかったという。

しかし、ドラえもんの人気が高まるに連れて、子供の教育上良くないという理由で様々なクレーム・苦情が出るようになり、その一つに『ドラえもんが土足で家に上がるのはいかがなものか』というものがあったというのである。

この様な苦情に応える形で『ドラえもんは宙に浮いている』という設定が作られたというのである。

真偽の程は定かにはなっていないが、確かにその様な設定であれば、この様なクレーム・苦情は起きないであろう。

この様に、子供達への影響や細やかに配慮されている点がドラえもんが世代を超えて愛されている理由の一つなのかもしれない。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ