死者の網膜には死の間際に見た光景が焼き付いている

2015-12-02_121757

殺人事件の犯人を特定するには、死んだ被害者の眼球を取り出し、網膜を調べるのが手っ取り早い方法だ。

スポンサード リンク

昔から、網膜には光の濃淡が焼きつくことが知られており、死者の目には命を失う直前の光景が記録される。

スポンサード リンク

ただし、死者の目をくり抜く行為が不謹慎なため、いまの刑事捜査では網膜検査が行われていないのが現状だというが、真相はどの様になっているのだろうか。

大昔からある迷信の1つで、1920年代のイギリスでは、網膜に顔が残るのを防ぐために、犯人が被害者の両目を撃ち抜く事件が起きたほど。

日本では、松本清張の短編で広まった説だと言われる。

しかし、網膜に光景が焼きつくことを証明した研究は過去に一件もなく、いまのところまともに取り合う科学者は存在しない。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ