監視カメラに映った不気味な老婆

2008年2月の話。

スポンサード リンク

シンガポールのラッフルズビルに備え付けの監視カメラが、怪奇現象を記録した。

深夜1時、残業中のサラリーマン2人が会話をしつつエレベーターの中へ。

数十秒で目的階に着くと、2人のほかに誰もいなかったはずのエレベーター内に不気味な老婆が現れる。

うつむいたままユラユラとサラリーマンの後を追う不気味な姿は、とても人間とは思えない。

動画は「ラッフルズビルの亡霊」のタイトルで共有サイトにアップロードされ、たちまち250万再生を記録。

心霊動画の定番となったが、真相はどの様になっているのだろうか。

スポンサード リンク

冒頭の動画は某ビジネスビルの監視カメラ映像。2人のサラリーマンが現れた。2人がエレベーターの中へ。しばらくしてエレベーターを降りると…老婆が出現する。腰を曲げたままヨタヨタと外へ出ていく

オカルトファンにとっては「基礎教養」ともいえる定番の動画だが、残念ながら完全な作り物。

大手広告サービス企業・マッケイングループのシンガポール支社が、口コミマーケティングを目的に作ったプロモーション映像だった。

同企業の広報によれば、100万円の低予算で制作したCG動画で、世のサラリーマンたちへ「あんまり遅くまで仕事をしていると、疲れすぎて幽霊を見るかもしれないぞ」との警告の意味を込めたという。

実にわかりにくいメッセージだが、結果的に動画は大ヒットをおさめ、同企業の株は一気に上がったそうだ。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ