暴走車がフェンスをすり抜ける不思議な動画がある

事件は2006年、深夜のアメリカ・ジョージア州で起きた。

スポンサード リンク

パトカーが1台の暴走車を追っていたところ、目の前に迫った金網のフェンスを、暴走車が幽霊のようにすり抜けたのだ。

冒頭の写真・画像は、パトカーの車載カメラが一部始終をとらえたもの。

警察の公式記録なので、動画が編集された可能性はゼロ。ネットでは「ゴーストカー」と呼ばれ、今も真相は謎のままだが、真相はどの様になっているのだろうか。

パトカーが暴走車を追う様子を車載カメラがとらえた。

金網のフェンスに暴走車がつっこむと。

フェンスをすり抜けて暴走車が消えた。

スポンサード リンク

実はこれ、金網の留め具が外れていただけだった。

加速した車が、留め具の外れた金網の下をくぐるようにして突破。

そのまま高速で走り去ると、あたかも一瞬で暴走車が金網をすり抜けたように見える。

事件は長らく解明されず、「時空をワープした」「警察のイタズラ」などの説が出たが、2010年にアメリカのテレビ番組が徹底的な調査を行った。

それによると、当時、問題の金網は留め具の一部が外れており、加速した車なら通り抜けることができた可能性が高いという。

そこで、番組では実際に当時と同じ状態の金網を作成。暴走車を突っ込ませたところ、見事にゴーストカーの再現に成功した。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ