沖縄県 カノカワの怪物

2015-12-01_135114

沖縄県に、『カノカワ』と呼ばれている海域が存在しているという。

スポンサード リンク

例に漏れず豊富なサンゴ礁と様々な色とりどりの魚達にが存在する水中の楽園である。

数年前にとある男性がこの海域でシャコガイの収穫を行っていたのだが、ある時に不思議なものと遭遇したのだという。

熱心にシャコガイを引き上げていると、突然彼の目の前にとても大きな魚の頭部が水中から飛び出してきたという。

スポンサード リンク

見た事もない様な不思議な顔つきで、明らかに普通の魚とも異なっており、その大きさは今までに遭遇した事も無い規格外の巨大さであった。

幸い、その魚は何らかの危害をくわえる事もなく、そのまま海中に没していったそうであるが、後にこの男性は目撃した魚についてこう述べている。

「その魚は、よく見ると長い首があって、その置くの海中には大きな体もあったような気がする。それこそ恐竜図鑑で見た首長竜そのものだった。」

果たして、『カノカワ』には未だに首長竜の生き残りが生息しているのであろうか。

それとも、全く未知の海洋生物が潜伏しているとでもいうのだろうか。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ