Googleマップに血まみれの殺人現場が写り込んだ

2015-12-01_122405

冒頭の写真・画像は、2009年にオランダのある桟橋をGoogleマップの航空写真で表示させたものだ。

スポンサード リンク

桟橋の中央にベットリと赤い血の筋がついており、出血量の多さから、ほぼ殺人事件とみて間違いない。

ネットでは「Google マップで殺人事件を発見!」と話題沸騰。オランダ警察も捜査に乗り出したと言うが、真相はどのようになっているのだろうか。

スポンサード リンク

結論から言えば、拡大してみたら濡れた犬であった。

画像を拡大してみると、おぼろげに犬らしき姿が判別できる。

ネットからの通報が相次いだため、2009年にオランダ警察が捜査に乗り出し、真相はすぐに明らかになった。

桟橋の端に立つ2人の男性のそばにいたのは人間の死体ではなく、濡れた大型犬。

どうやら、水遊びをした犬が桟橋を通過した際に乾いた木材が濡れて、あたかも血痕のような筋がついたらしい。

ちなみに、警察の発表後も、ネットでは「警察が殺人事件を隠蔽している」との陰謀論が盛んだ。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ