南米で伝説の未確認生物チュパカブラの頭部が見つかった

2015-11-11_172710

浅黒い男性が持つ謎の生物は、2013年に南米で見つかった伝説の怪物・チュパカブラの頭部である。

スポンサード リンク

1992年にプエルトリコで初めて目撃された未確認生物で、カンガルーのように飛び跳ねつつ家畜や人間に襲いかかり、首筋から全身の血を吸い尽くす。

スポンサード リンク

これまでは未確認だったが、ついに動かぬ証拠が見つかったと言うが、真相はどの様になっているのだろうか。

チュパカブラは、未確認生物ファンの間では定番の噂。しかし、残念ながら今回の写真も作り物だった。

作者の名は、現代アーティストのチャーリー・ホワイト。「数日のうちに」と題された連作の1枚で、リアルな怪物を現代の光景に溶け込ませるのが目的だったとか。

その狙いどおり、写真のリアルさにネット住民がダマされたわけだ。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ