アルゼンチンのバティストゥータ

2015-11-10_162906

日本が初出場したFIFAサッカーワールドカップは1998年のフランス大会である。

スポンサード リンク

初戦だったアルゼンチン戦で華麗なループシュートを決めたアルゼンチン代表の通称バティことバティストゥータ選手の雄姿は今もなお多くのサッカーファンの記憶に残っているだろう。

スポンサード リンク

その後も活躍は続き、ASローマ、インテル、カタールリーグなどでもプレーした。

成績こそふるわなかったが、日韓共催のW杯にもアルゼンチン代表のエースとして出場している。

このバティストゥータはなんと現在歩行困難な状態に陥っていると言われている。

往年の姿からは想像も出来ない事ではあるが、現役時代に足首を酷使してしまったのが、たたり、身体を壊してしまったのである。

彼は今、30分立っているのもやっとの状態であるとも噂されている。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ