女子サッカーは昔大人気だった

2015-11-10_162810

2011年のなでしこジャパンのFIFAサッカー女子ワールドカップの優勝によって、一躍日本中の注目を集める事となった女子サッカー。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

日本では長い間、不人気の時代が続いていたが、実はその昔は、女子サッカーにかなりの人気がある時代があったのである。

それは20世紀初頭まで遡る。

1920年にフランスのパリで行われたフランスvsイングランドの試合には観客が1万2000人も駆けつけたとの記録が残っている。

女性が脚を剥き出しにする事が問題視されてしまったり、家事がおろそかになるのではないかと不安視されるなど、当時も女子サッカーには様々な苦難があったようである。

戦争などの世界情勢の影響下女子サッカーは1930年代に完全に下火になるが、1960年代に再びその人気を取り戻している。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ