血まみれの兵士 ※閲覧注意

2015-11-10_161452

ある夜、ふと目覚めてしまう事がある。

スポンサード リンク

もしかすると、そのまま自分の意思に関係なく脚が勝手に動いて戸口まで歩いていくことがあるかもしれない。

そしてそんな時、扉を開けるとその向こうには血まみれの兵士が立っている。

スポンサード リンク

そしてその兵士は、「水をくれ」と言う。

もし善良な人間であれば、兵士から水を要求された時にも体が勝手に動き、兵士に水を飲ませる事ができるという。

そうなれば兵士は幸福を約束してくれる。

もし善良な人間でなければ、体が動かず兵士に水を飲ます事も出来ない。

そうなると、兵士は呪詛の言葉をはきかけながら消えていくという。

そして、その夜から一週間以内に…。

この兵士は、この話を聞いたもののもとに、いつか必ず現れるらしい。

 

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ