海鳥をアザラシのお腹で発酵させる臭い漬物『キビヤック』

2015-11-07_144558

グリーンランドのカラーリット民族、カナダのイヌイット民族、アメリカ合衆国最北端にあるアラスカ州のエスキモー民族が作る伝統的な発酵食品に「キビヤック」と呼ばれる漬物の一種がある。

スポンサード リンク

捕獲した海鳥を日光の当たらない涼しい場所に放置する。

次にアザラシの腹を裂き、内臓と肉を全て取り出す。

袋状になったアザラシの内部に海鳥を数十羽から数百羽程詰め込む。

アザラシの腹を縫い合わせる。

ハエが縫合口に卵を産み付けるのを防ぐために、日干ししたアザラシの脂を塗る。

スポンサード リンク

地面を掘った穴に埋め、2、3ヶ月から数年間放置し熟成させる。

この時キツネ等に食べられないようにする為、石を置いておくそうだ。

成熟できた頃にアザラシを掘り出し、中から海鳥を取り出すのだ。

食べる際に海鳥の尾羽を除去する。

肛門に口をつけ発酵して液状になった内臓をすする。

肉も、皮を引き裂きながら直に食べる。

歯で頭蓋骨を割り、中身の脳味噌も食べる。

液状になった内臓を調味料として焼いた肉などにつけて食べることもあるそうだ。

発酵により生成されたキビヤックの豊富なビタミンが加熱調理で酸化や分解してしまった生肉中のビタミンを補うとされ、かつては貴重なビタミン源の一つとされていたのだ。

味は美味だが、非常に強い臭気がある為、世界の異臭料理として有名だという。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ