集英社の新人編集者の試練は鳥山明

2015-11-06_111804

『ドクタースランプアラレちゃん』や『ドラゴンボール』といった人気作品を世に送り出した漫画家・鳥山明。

スポンサード リンク

彼は漫画家という仕事だけでなく、ゲームのキャラクターデザインなど、多岐に渡って、その才能を発揮させている。

その活躍ぶりから、当然、鳥山明を抱えている集英社にとって、彼は手放す事は出来ない金の卵である。

そんな、鳥山明のホームである集英社の新人編集者にはあるしれんがあると言われている。

それは『集英社の新人研修は名古屋へ鳥山明に執筆交渉をする事』というものである。

スポンサード リンク

『ドラゴンボール』の長期連載によって疲れ果てて、現在では気が向いた時に仕事を楽しんでいるとされる鳥山明。

漫画家としての活動だけではなく、大物アーティストのピクチャーレーベルを手掛けるなどしているだけに、新作が発表されれば、誌面の売上げ向上が期待出来る。

新人の挨拶を兼ねて、あわよくば原稿をゲット出来ればという編集部の目論見も分からなくもないのだが、実際にこの様な事が行われているのかどうかというのは謎である。

最近では、単発の作品や原作・イラストなどの仕事も多く、目立った連載作品を発表していない事もあり、新たな鳥山明ワールドを心待ちにしているファン達が流した噂なのかもしれない。

しかし、既に、孫の代まで遊んで暮らせると言われている鳥山明だけに、後は自分が描きたいものを描くというスタイルを貫く可能性が高いそうだ。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ