頭にナイフが刺さったまま病院にやってきた男性

2015-11-06_111504

2013年10月の話である。

スポンサード リンク

富山県在住の男性が、頭にナイフを突き刺したままの状態で病院にやって来た。

客観的に見て明らかな非常事態であるが、男性は落ち着いた様子で診察室に行き、レントゲン撮影では脳の直前までナイフの先端が迫っていたが、あくまでも男性は平然とした様子。

スポンサード リンク

驚く医者や他の患者をよそに淡々と治療は終わり、命に別状はなかったというが、真相はどの様になっているのだろうか。

頭にナイフが刺さった男性が、そのまま病院に現れたのは事実の話だが、これは富山県ではなく、異国の中国で起きた男性である。

この男性は吉林省に住む人物で、真夜中に友人とふざけあっていたら、誤って果物ナイフが突き刺さってしまったのだという。

それにしても、ナイフが頭に突き刺さり平然と病院に来たのは凄いし、謎すぎる。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ