長嶋茂雄黄金秘話

2015-11-05_183305

日本プロ野球界において光り輝いている読売ジャイアンツ名誉監督長嶋茂雄氏。現役だった頃の輝かしい成績は伝説として今もなお話題になる事が多いのだが一方で普段から可笑しな事を連続して発言するちょっとかわった人物でもあった。現役だった頃から現代までのその発言は後世に伝わっている。

スポンサード リンク

以前、長嶋本人が出版した本のPRを行った時にとある記者から内容について質問されると、「まだ本自体目を通していないのだが面白いと評判なのでぜひ読んでみてください。」と答えた事からこの本は長嶋氏本人が書いたのではなくゴーストライターが書いた事が発覚した。

スポンサード リンク

例えば1975年にプロ野球のキャンプで訪れたアメリカのフロリダにおいて「ここの子どもたちは英語がとても上手く話せますね」と凄く感心した様で発言した一方で辺りを見て「ここには外車がやけに多いですね」とも発言しており長嶋にとって日本とアメリカの違いはあまり気にしていないのであろう。

このキャンプの終わり際には「僕はスーパースターとは、チャンスに最高の技術でお客様を熱狂させることができる、ということでしょうねえ」という名言を発言した。一番初めの僕という部分は不必要であり続く言葉も何とも言えないのだがこれこそが天才打者の名言という感じであろう。

普通に伝えるのではなくあえて変わった名言を残すことで聞いている方の頭に残すのではなく心に直接伝わるようにするのが長嶋茂雄が伝えたい真実なのである。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ