国鉄スワローズの名前の由来

2015-11-05_155139

現在は国鉄が民営化してJRとなったがかつて球団創設当初のヤクルトスワローズは国鉄スワローズと名乗って活動していた。この球団名についてはいろいろな噂が飛び回っており球団名を付ける際に初めは国鉄コンドルズという名が検討されていたと書かれている文献が多い。

スポンサード リンク

だが国鉄の球団なのに球団名がコンドルでは電車が「混んどる」では国鉄に対してのイメージダウンに繋がる為に当時の関係者たちが考えたのが「座ろう」という文字をいじってスワローズになったと噂されている。

長い間この説が一般的に話されていたのであるが実はこの話はとある漫才コンビが披露した彼らの自慢のネタの一つであった。

スポンサード リンク

正月の特別番組において視聴率が高い時間にこのネタを披露したところ洒落が分からず信じ込んでしまう人がネタを真に受けてしまったようである。真に受けてしまった人の中には真剣に球団名を検討しないのであれば電車をもう使わないとわざわざ国鉄に対して電話を掛けた人も居たようだ。

この電話に対応した国鉄職員はクレームの電話に対応しなくてはならず最悪な気分で年を越してしまったと言われている。

ところでスワローズの名前の由来であるが球団発足当時に国鉄が走らせていた特急列車の名前が「つばめ」だった事からその名を取って球団名にしたとされている。

長い間間違った情報があたかも本当な事のように語り続けられていく事は他の都市伝説でもよくあることなのだろうがこの話の場合誰も傷つくことがないので真相を追求することは別に必要なことではなかったのだろうか。

最近ではコンドルとハゲタカは呼び名は違うが同じ鳥な事からイメージを損なう事を懸念してスワローズにしたという噂も飛び回っている。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ