マイケル・ジョーダン伝説

2015-11-04_195514

マイケル・ジョーダンはNBAにおける伝説の選手なのであるがそんな彼に関係する逸話は数えきれないほどある。

スポンサード リンク

例えばジョーダンが出場した試合では試合前半で決着が決まってしまうとも言われていた。実際に前半戦だけでなんと一人で30得点以上決めてしまった事も多かった。相手チームからすればジャンプすればゴールのリングに激突するジョーダンの身長はまさに驚異なものであった。

スポンサード リンク

ある時は40度の熱がありながら試合に出て40得点以上を決めてしまう事もあったり、ルーキーの時のオールスターでは人気が凄すぎて味方の選手から嫉妬を受けるような事もあった。

もっとも凄い話としてジャズとの試合で試合中に相手の選手からダンクのファンから「自分より小さいやつからダンクするな」と言われた一分後にジャズのセンターのターピンからダンクを決めて野次られたジャズのファンに向かって「これで良いのか」と言い返す程あり得ないプレーを見せた。そんな事からバスケットボールファンから神と呼ばれて尊敬されるのも当たり前の話なのではないか。

またコート外での時間も大切にしていた。特に家族との時間はジョーダンが特に大切にしていたようである。ある時には家族との時間を優先するために大統領との面会を拒否する程の事もありいかに家族を大切にしていたが分かる。

こうしたバスケだけではなく私生活においての姿も世界中のファンから尊敬される一種の要因なのではないだろうか。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ