頭が良さそうに見える・話す方法

2015-11-02_175228

『頭が良さそうに見える・話す方法』というのを知りたくはないだろうか。

スポンサード リンク

もはやこんな事を考える事がバカっぽくはあるが、この賢そうに見える・話せるというのはビジネスの世界では非常に重要。

というのも、人間は第一印象で9割を判断し、その人と今度ともお付き合いしていこうか否かを決めている。

プライベートならともかく、仕事という世界では頭のキレる人間と一緒に仕事をしていきたいと思うのが自然である。

スポンサード リンク

ゆえに、今回は賢そうに見える話し方というのを紹介したいと思う。

会話中に自分を頭が良さそうに見せたいときは、話の中に「3」を散りばめるとよい。例えば「それに関しては3つのポイントがあります」や「昨日は3つの居酒屋をハシゴした」「その件に関しては3時までに返答しますので」など、ことあるごとに3の数を使っていくだけでOKだ。

昔からマジックの世界でも「3は神秘的な印象を与える数」だと言われてきたが、実際に人間の心は3をもっとも安定した数だと自動的に判断してしまう。また、話題を3つだけに絞り込むので、相手によぶんな情報を与えてストレスをかけずに済む。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ