急な尿意を我慢する方法は顎(アゴ)の真ん中を押す

2015-10-30_180932

急にオシッコをしたくなる。要は尿意に襲われてしまう事は誰しもが経験した事があるはず。

スポンサード リンク

通常であれば、ちょっとした恥をしのんで、「トイレに行ってきても良いですか?」や「用を足してもよろしいですか?」と一緒にいる方々にお願いすれば、大抵の場合はスムーズにトイレに駆け込む事は可能である。

スポンサード リンク

一番困るのは電車の中である。

急いでいる時、途中下車は出来ずに、目的の駅までこの尿意を我慢しなければならない。

そうなるといつ漏らしてもおかしくない、忍耐の時間をおくらなければならなくなってしまう。

この様な場合に尿意を我慢する方法を紹介したいと思う。

急な尿意に襲われたときは、あわてずにアゴの真ん中を強く押してみよう。これだけで急激に尿意が減少するのだ。

ポイントは、アゴの中央の軽くふくらんだ部分を、できるだけ強く押すこと。私たちの脳の中では、アゴと性器をつかさどる部位が近い位置にあり、アゴに刺激があると、そちらに感覚が集中して気がまぎれるらしい。ベトナムでは、昔からある伝統的なテクニックだ。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ