3mの超巨大な宇宙人フラットウッズ・モンスター

2015-10-30_174127

1952年9月12日、アメリカのウエストバージニア州フラットウッズという小さな町で衝撃が走る。

スポンサード リンク

目撃されたのは宇宙人

別名「The Flatwoods Monster(フラットウッズ・モンスター)」と呼ばれる、有名な怪物。

その日の夕方、学校の運動場でフットボールをして遊んでいた5人の子供たちが空から赤く輝く物体が近くの丘に落ちていくのを目撃した。

そこで少年達の母親の一人と近くの住む州兵を含めた合計7人で物体が落ちたと思われる丘に向かったと言う。

そして少し探索すると、直径8m(5mとも言われる)、高さ2m程の赤く輝く物体を発見した。

スポンサード リンク

物体の辺りは濃い霧がたちこめ、かなりの悪臭が漂っていたという。

7人が驚いていると、近くの茂みから体長3mはあると思われる大きな怪物が現れたという。

怪物はスペードマークのような頭部に真っ赤な顔、そしてオレンジ色の大きな丸い目をしており、体は緑色でローブのような物を身に付けていたという。

また、手には鉤爪をもっており、シューッという音を立てて空中に浮いていた。

怪物はそのまま子供達の方に向かってきたので7人は怖くなり急いで丘から逃げたそうだ。

そして家に帰り、警察に電話。

報告を受けた保安官は有志で集まった数名とショットガンを持って、約1時間後に現場に向かったが、その時には赤く輝く物体も怪物の姿もなかったという。

しかし、その強烈な悪臭は残っており地面には草が円形に押しつぶされた跡と二本の平行な溝があったという。

この話は地元の新聞だけでなく、全米の新聞、テレビ、ラジオで報道され話題になった。

フラットウッズ・モンスターの他にも「10フィート・モンスター」など呼び名も多いのだ。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ