ウサギに鹿の角 ジャッカ・ロープ

2015-10-29_170905

アメリカのテキサス州、ワイオミング州、サウスダコタ州、メイン州などで昔から目撃されているUMA。

スポンサード リンク

ウサギにシカの角がついたような生物で、ツノウサギなどと呼ばれることもある。

ジャッカ・ロープは特にカウボーイの間で有名な動物で、1934年7月にワイオミング州ダグラスでキャンプをしていたカウボーイが、ウサギの頭にシカそっくりの角が生えている生物を目撃し、捕まえようと後を追うと群を成していたという。

スポンサード リンク

このUMAは鮮明な写真も多く撮られており、オイワミング州では伝説獣として絵はがきにもなっている。

しかし、最近は目撃例が減っているという。

  • 生息地:アメリカ(テキサス州、ワイオミング州、サウスダコタ州、メイン州など)
  • 体 長:約50cm
  • 特 徴:ウサギにシカの角がついたような生物で甲高い鳴き声をしており、群で行動する。

正 体:新種のウサギ説・何かのウィルスに感染したウサギ説など

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ