ガソリンスタンドで携帯電話を使うと爆発する

この事件は、2012年にブラジルのガソリンスタンドで発生した。

スポンサード リンク

冒頭の動画がそれであるが、午前3時、ガスを運んできたトラックのタンクをチェックしようと、従業員が電灯の代わりに携帯電話(スマホ、スマートフォン)の灯りをつけようと、電源をオンにした。

その瞬間、携帯電話の電波がガスに小さな火花を起こし、ガソリンへ点火。瞬く間に火炎が燃え移り大爆発する事になった。

世界中では、年に2~3件のペースで同種の事件が続発しており、ガソリンスタンド側も従業員へ厳しい指導を行っているが、改善に至ってはいない。

ちなみに、事故に巻き込まれた従業員は事故から2日後に死亡したと言われているが、真相はどのようになっているのだろうか。

スポンサード リンク

このブラジルのガソリンスタンドで、従業員が携帯電話を使用した瞬間に大爆発が発生したのは事実である。

しかしながら、携帯電話の高周波電波は、少しの火花も発生する事がないように設計されているので、事故との関連性はまずない。

通常、ガソリンスタンドの事故をもっとも引き起こし易いのは、気化してしまったガスが天井部に滞留してしまっているパターンで、この溜まったガスが一定量超えてしまうと、蛍光灯の熱で大爆発を引き起こしてしまうのである。

もっとも、アメリカの大手企業がガソリンスタンド内での携帯電話の使用を禁じているのも事実である。

これは、万が一、携帯電話のバッテリーが漏電していた場合、滞留したガスに点火してしまうのを防ぐ為である。

ちなみに、同事故の従業員の生死の真相は不明である。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ