太ももの上でノートパソコンを使用すると皮膚ガンになる

2015-10-28_185851

太ももにノートパソコンを置いたまま、長時間しようし続けると、どの様になってしまうのだろうか。

スポンサード リンク

実際にパソコンに内蔵されているバッテリーの熱によって低温火傷を起こしてしまい、下手すると肌に一生消えない傷跡が残ってしまう事がある。

スポンサード リンク

これは短時間に日焼けの数百倍ものダメージが肌に加わってしまった状態であり、放っておくと皮膚癌に悪化してしまい、最悪の場合脚を切断しなければならない実に恐ろしい症状である。

しかし、実際に電車などでは多くのサラリーマン・ビジネスマンがノートパソコンを太ももの上に置き仕事をしているが、真相はどのようになっているのだろうか。

実はこれは『トースト症候群』という、昔からよくある現象なのである。

ノートパソコンでなくとも、湯たんぽやヒーター、電気毛布などでも、長い間熱に肌を晒してしまうと、低温火傷を発症し、赤茶色の発疹が出来てしまう。

今回の噂の様に、すぐに皮膚ガンになってしまう可能性は低いが、運が悪ければ悪性の腫瘍に変化してしまう可能性はゼロではないので、熱対策は十分に行った方が良いと言える。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ