充電中のスマホで通話に応答するとバッテリーが爆発する可能性がある

2015-10-28_214441

2012年の話。マイアミ大学病院は『スマートフォンを充電した状態でかかってきた電話に出てしまうと、バッテリーが爆発してしまう可能性がある』との注意勧告を出した。

スポンサード リンク

実際に、アメリカではスマホの爆発で利き手に大怪我を負ってしまった事例が報告されており、今後も被害者の数は増え続ける可能性があるとされているが、実際の所、その真相はどのようになっているのだろうか。

スポンサード リンク

この噂・都市伝説の元となっているのが2004年、インド在住の若者が充電中のスマホで通話していた所、バッテリーが爆発してしまい、感電死した実際の事件がベースとなっている。マイアミ大学病院は一切関係ない。

しかしながら、充電中のスマホで通話を行うと、バッテリーに高負担がかかるというのは本当の話である。

但し、純正品でない、粗悪なバッテリーであったり、そもそもスマホ事態に血管でもないかぎりは爆発にまで至る事はありえない。

インドの事件は、あくまでも粗悪品なスマホが招いた悲劇だったのである。

逆に言えば、スマホをはじめ電化製品で粗悪品を使うのは爆発リスクがあるので極力避けた方が良いだろう。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ