カップヌードル 謎肉の原料は石油?

2015-10-28_185041

現在はメーカー側よりも消費者側が優位になっている供給過剰の時代である。食品の中でもインスタントの部類に関して、本物志向の消費者が増え、インスタントにも関わらず『生』を謳い文句にする商品が多く出ている。

スポンサード リンク

中でも、世界初のカップ麺として世の中に知れ渡っているカップヌードルが販売されたての当時は「これは本当に食べても大丈夫なのか?」と思う人も多かったのではないだろうか。

そんな、世界初でありながら、一番のロングセラー商品として注目されているカップヌードルのお肉(通称:謎肉)が『石油から出来ていた』という都市伝説があるのをご存知だろうか。

スポンサード リンク

大人達が子供達に向けて話す事が多かったというこの話。おそらく、当時は今よりもずっとインスタント食品についてはその安全性が疑問視されていたが、その目新しさと手軽さから子供達は手軽に食べられるインスタント食品に興味を示していた事を考えると、食べ過ぎると体によくないのではないかという心配から生まれた都市伝説であろう事が推察出来る。

前述通り、一部では『謎肉』としてファンも多く存在したが、カップヌードルを製造販売する日清食品は2009年に、より本物を追求する形で改良がされ、当時は残念がるファンも多かったのである。

実際に石油からお肉を作るという事は、今現在の技術では出来ないというのが通説のようだが、実は我々の知らない所で既に技術が確立されていて、今まで本物だと思っていた肉が実は石油から作られていたなんて事もあるかもしれない。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ