呪いのソアラ

2015-10-28_185015

群馬県の国道沿いにある中古車販売店に、白いソアラが数万円という信じられない安い価格で展示されていたのである。有名な高級車の一つであるソアラがこの価格で入手出来るとなれば、当然誰かが購入し、その車は早々と店頭から消えてしまった。

スポンサード リンク

しかしながら後日、同じ白いソアラが再び中古車販売店の軒先に並び、やはり数万円の安い価格で展示されている。勿論、この安さには理由がある。

以前のこのソアラのオーナーは若い男性であった。この男性はソアラがこの値段で販売されている事に驚き、どこか変な所がないかと調べてみたところ、これといって怪しい所はないので、この白いソアラを購入する事にした。

彼はこのソアラを手に入れるとさっそく彼女を誘い、ドライブへと出掛けた。彼女もまた新品同様のソアラに大はしゃぎした。

スポンサード リンク

彼女は走行中のソアラのサンルーフから顔を出し、頬に風を受けてご機嫌な様子である。

ところが、その時事件が発生した。ソアラの走る道に折れ曲がり道路に飛び出した交通標識が現れ、サンルーフから身を乗り出していた彼女はこの標識に接触した事で、首を切り落とされてしまったのである。彼女の首はボンネットの上に転がり落ち、運転手の彼と目が合った。彼はこの時のショックが原因で発狂してしまい死んでしまう。

このソアラは事故に遭っても、必ず修理に出され、再び中古車として売りに出される。しかし、新しく買い手がついたとしても運転中に女性の泣き叫ぶ声が聞こえたり、誰もいないはずの助手席にぼんやりと女性の姿が浮かび上がる心霊現象・怪現象が起こる為に、すぐに手放されてしまっていたのだ。

実はこのソアラは何度もそのような事で死亡事故を起こしていて、それが理由で格安で販売されていたのだ。

そして、今でもそのソアラは中古車屋に展示されており、新しい買い手がつくのを待っている。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ