虫歯で死ぬことがある

2015-10-28_184807

ちょっとした時に傷んでしまい、しかし、「まぁいいや。」と放置してしまいがちな虫歯。しかし、あまり放置しっぱなしにしてしまうと大変な事になってしまうようである。

スポンサード リンク

あるお年寄りの男性が、虫歯で顔が腫れ上がり苦しんでいた。あまりの痛さに歯医者に足を運んだ所、歯科医は痛み止めを染み込ませた脱脂綿を患部へと入れ、男性を家へと帰した。

スポンサード リンク

しかし、男性の歯の痛みは全く取れる事はなかった。そこで、男性は他の歯医者へと足を運ぶと、そこの歯科医はレントゲンを撮影すると、最初の歯科医に埋め込まれた脱脂綿が黒く写った為、まずはそれを取り除こうという事になった。

診察台に乗せ、歯科医が患部からその脱脂綿を取り除いた瞬間に、患部から勢い良く膿と血が吹き出し、男性はショック死してしまったのだという。

膿や血を出しきった後のこの男性の顔は、腫れが引いたというよりもは、べっこりと凹んでしまい、人相が変わってしまっていたという。

確かに、虫歯を放っておくと後々大きな影響を及ぼしてしまうので、早めの治療が必要というのは理解はしてはいる事だと思うが、歯医者の得も言われぬ恐怖感に二の足を踏んでしまっている人も多いだろう。

そんな時はこの様な恐ろしい虫歯にまつわる都市伝説を思い出して欲しい。

ちなみに、虫歯菌が虫歯部分から神経に入り、脳内に移動し、人を死に至らしめてしまうという別の恐怖の虫歯にまつわる都市伝説が存在するので、やはり放っておくのは危険だと言える。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ