握手で相手の好感度・信頼度を上げる方法

2015-10-24_173447

ビジネスの場では初対面の人は勿論の事、空気を和ます為に行われる握手

スポンサード リンク

欧米に比べ日本では名刺交換でその代わりを果たしてしまう事が大半かもしれないが、この握手によって好感度・信頼度が引き上げられる方法があるというなら知っておいて損はないだろう。

このテクニックは実際にメンタリストの多くが採用しており、それだけでなく海外の大物政治家なども日常的に使用している。それだけの効果が認められている方法なのである。

スポンサード リンク

その方法とは握手をし、手を離した後も少しの間だけ、相手の目を見つめ続けるというものである。

2005年にペンシルバニア大学が行った実験によると、ほとんどの人は握手を終えてしまうと、手を離すと同時に目線までも外してしまうのである。

しかしながら、これは無意識のうちに相手に不安感を与えてしまう為に、知らず知らずのうちに相手からの信頼感を残ってしまう行為なのだという。

そこで、握手をした際には、手を離した後も約1秒間ほど、じっと相手から目をそらさずに見つめ続けた方が良いらしい。

これだけで相手からの好感度や信頼度が倍にアップするというデータが実際に出ているのである。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ