中国の大学受験では水着審査がある

2015-10-23_175058

我が国日本はご存知、現在少子高齢化が進んでいる。その為、定員割れを起こす学校が続出し統廃合が行われていたりする。それに付随して大学受験のレベルもかなり落ち、受験戦争という言葉も廃れかけている。

スポンサード リンク

一方、海を挟んだお隣の国の中国では爆発的な人口増加により、受験戦争が加熱の一途を辿っている。

急速な経済成長を遂げた影響から若い人達の大学進学希望者が激増し、一般的な大学であったとしても20人に1人が合格する程の高倍率となっている。

スポンサード リンク

そしてそんな中、中国で唯一、映画関係の人材を専門に育成する大学である『北京電影学院』では、通常の筆記試験に加え驚くべき面接試験を行っているのだという。

同大学院でも特に人気の高い演技科の募集人員は30人で、その枠に志願した人の数は20倍の600人。

このとてつもない厳しい状況に対し、学院側は演技科なので、容姿も重要であるという理由から驚くべき事に受験であるにも関わらず水着審査を開始したのである。

会場には水着姿の女性がずらっと並び、続々と審査を受け、それはさながら水着のファッションショーの様であったという。

ほんのりと薄いメイクをする受験生もいれば、逆に素朴さをアピールする為にすっぴんで試験に挑む女性もいたそうだ。

同学科はこれまで数々の人気俳優や女優を輩出しているだけに、この審査を経て合格した受験生は相当な美貌の持ち主なのかもしれない。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ