秘密結社の活動が最も盛んなアメリカ

2015-10-16_163147

世界には多数の秘密結社があり、各々が非常に強い個性を放っている。

スポンサード リンク

有名な所であればフリーメイソン、イルミナティ、KKK、黄金の夜明け団、薔薇十字団、日教組、パナウェーブ研究所、戸塚ヨットスクール、時津風部屋。

ちょっと挙げただけでもこれ位はすぐに出てくるのだから恐ろしい。

そもそもにして秘密結社とは中世ヨーロッパにおいては隠された闇の歴史に大いなる貢献を果たした団体の総称であり、近年では政府やユダヤ人を恐れない多くの果敢なる陰謀論者によって、その陰謀が次々解き明かされている。

スポンサード リンク

秘密結社の目的は何かと言えば、何も知らない一般市民を陰謀の掌の上で転がし、世界経済を牛耳る事にある。その目的の為にはマスコミを使ったプロパガンダ、暗殺、歴史の改ざん、呪い、黒魔術など方法は問わない。

なお、秘密結社の発祥の地は日本である事が多いが、現在最もその活動が活発に確認されているのがアメリカである。

この国での秘密結社の発展はめざましく、国民の三人に一人は何かしらの秘密結社に所属しているとされ、アメリカの大学生に配布された『気になる就職先アンケート』でも、FBI、CIAに次いで秘密結社がランクインしているという話である。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ