名前の画数が人生を左右する

2015-10-16_162458

名前というものは、人間がこの世に生を受けて一番最初に個人に与えられる最大の個性であるといえよう。

スポンサード リンク

名前がない人間というのは先進国であればほぼ皆無であり、どの様な人、例えば家のないホームレスであったとしても、名前はきちんと存在し、親が悩みに悩みぬいてつけたものである。

最近にあってはキラキラネームという、子供の将来にデメリットを与えさせるのではないだろうかと思える程に奇抜な名前を付けてしまう親も増えている様であるが、それでもやはり名前を付ける際には相応の労力と時間を費やした方が良いかもしれない。

というのも、名前の画数をしっかりと考えておく事で、その子供の人生を好転させたり、あるいは悪くしてしまう事もあるというからである。

スポンサード リンク

中国でも昔から名前の画数は人生に大きな影響を与えるものとされており、日本においても画数を占いの診断に取り入れる占い師が多い事だろう。

基本的に名前とは、苗字と下の名前の合計画数で幸不幸を判定してしまうものであるが、当然苗字(姓)ばかりは最初から決まっている為、変えようがない。

そしてこの苗字だけでも、大成功すると言われているモノ、不幸に見舞われ易いと言われているモノなど色々な特徴が存在するという。

そして、ここからが本題である。

この苗字の画数が合計14の場合というのは、特に不幸な目に遭遇する傾向が強いと昔から言われている。

特に女性の場合はその傾向が強いらしく、画数が14の苗字が男性からの暴力の引き金になってしまうと言われている。

実際にDV(ドメスティック・バイオレンス)被害に見舞われた女性の特徴を抽出してみると、よほど、本人の性格に難がないかぎりは、原因らしい原因はないらしいが、その様な被害者の苗字を確認してみると14画になってしまっている事がかなりの割合で見られるのだという。

この法則は画数占いを行っている人からすれば常識なのだそうだ。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ