哲学者ベーコンと鶏の幽霊

2015-10-14_192255

哲学者で知られるベーコンは、日本でも非常に有名なイギリス人だろう。

スポンサード リンク

過去に彼は哲学に傾倒する傍ら、当時は未だ確率されていなかった食料の長期保存の方法を考えだした。

そして何事も実践をする事に躊躇の無かったベーコンは、自分のお金で実験を行うようになっていったという。

スポンサード リンク

ベーコンは街にある商店から鶏を買い取ると、自宅でその鶏をしめてから内蔵を摘出し、そこに雪を詰めるという変わった実験を繰り返していた。

研究に非常に熱心であったベーコンは極寒の冬であっても、この作業を繰り返し、そしてこの影響から体調を崩してしまい、風邪をひいてしまう事になり、更にこれを長くこじらせてしまい、最終的に肺炎を発症してしまった。

そんな壮絶な苦しみの中でベーコンは息を引き取る事になったのである。

それ以降、ベーコンが鶏を購入していた周辺では、幽霊が出没する様になったと言われる。

しかし、それはベーコンの幽霊ではなく、ベーコンによって殺された鶏達の亡霊であった。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ