歩行者専用道路標識のデザインは少女誘拐殺人事件の犯人

2015-10-10_002158

冒頭の写真・画像をご覧頂きたい。これは街中でよく見る道路標識だが、手を繋いでいる親子のイラストが描かれている。

スポンサード リンク

元々この標識は歩行者専用の道路である事を意味するモノであるが、この標識には恐ろしい噂が隠されている。

今から数十年前の話ではあるが、とあるカメラマンが公園でソフト帽を被った父親と娘が手を繋いで歩いている様子を被写体に写真撮影を行った。非常にほのぼのとした光景にカメラマンは「いい写真が撮影出来た。」と満足気。

その後、『歩行者専用道路標識』のデザイン案が公募されるという話をこのカメラマンは聞き、この時、例の公園で撮影した親子の姿を思い出し、そのデザインで応募してみた。

スポンサード リンク

すると見事にそのデザイン案は採用され、現在全国規模でこの歩行者専用道路標識が使用されるに至っている。

しかし、それからしばらくして、何気なくテレビのニュース番組を見ていたカメラマンは驚愕する。なんと少女誘拐殺人事件の逮捕された犯人が例のソフト帽を被った父親だと思っていた男だったからである。

あれは親子の仲睦まじい光景などではなく、殺人犯が少女を誘拐する直前の様子だったのである。

というのが噂の全容であるが、1968年の国連道路交通会議にて決められた歩行者専用道路標識は国際統一規格であり、日本だけで採用されているものではない。ゆえに噂の信憑性は低いと言える。

では、何故この様な噂が広まったのかと言えば1970年に西ドイツの大統領であるグスタフ・ハイネマン大統領がこの標識を見て「誘拐犯のようだ。」と発言。一国の大統領が発言した事から一気に『歩行者専用道路標識=誘拐犯』というイメージが世界規模で広がってしまった。つまり、この都市伝説は日本だけでなく世界共通のものなのである。

ちなみにドイツの歩行者専用道路標識は上記の大統領による発言によって変更されているそうだ。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ