扇風機の風で人は死ぬ?

2015-11-05_212603

扇風機によって死んだという事故の話・ニュースは聞いた事がない。

スポンサード リンク

しかし、日本のお隣りの国、韓国では扇風機によって年間何人か死者が出ているそうで、扇風機を死を呼びこむ家電として恐れられているようだ。

実は日本においても、だいぶ古い話にはなるが1980年代に、扇風機の風に一晩中当たっていたことで低体温症になり死亡したという事故が報道されたことがあるが、その真偽は実は定かではなく、そもそも扇風機が原因の死亡ではないのではないかとして都市伝説化している。

一方で韓国においては、扇風機の風に当たり続けることは非常に危険だと認識されいるようで、扇風機のタイマーは、人命に関わる重要な安全機能という認識が持たれている。

スポンサード リンク

実は韓国では密室で扇風機を使っていると、風が室内をくまなく循環し続け、その為に室温が低下し、その部屋で生活している人を殺してしまうという噂が信じられている。

勿論、そんなとんでもない事は起きないし、そんな事で人は死んだりしない。

扇風機を密室で回すだけで室温が下がるのであればエアコンなんてそもそも不要であるし、むしろ、扇風機を使わなければならない程、暑い日に、密室状態にした部屋に籠もることの方が危険である。

つまり、上記のように、韓国においての扇風機で死亡するといった類の話は低体温症ではなく、逆に熱中症なのである。

そんな当たり前の事が理解されず、上述のような迷信が韓国においては、今、この瞬間も信じられているのである。

そもそも、扇風機の風が当たろうが当たるまいが、体の表面温度が、人を死に至らしめるまで下がることは絶対にあり得ない。

現在の見解では、扇風機に当たり続けると死ぬ、扇風機に当たったまま寝ると死ぬという噂は、実際にはあり得ないことだと科学的・医学的に一蹴されているので安心して暑い夏は扇風機を使用して頂きたい。

スポンサード リンク

信じるか信じないかはあなた次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ