飛行機内のトイレで起きた悲劇的事故

2015-09-30_215701

皆がホッと一息つける空間はどこだろうか。様々あると思うが、意外と納得してもらえるのが『トイレ』ではないだろうか。あそこに入ると不思議とリラックス出来るものである。

スポンサード リンク

しかしながら、飛行機・航空機内のトイレではそうも言っていられない噂・都市伝説が存在する。

アメリカに住む老婆が飛行機に乗り込んだ時の話。老婆は尿意をもよおし機内のトイレへと行き、用を足したが、その安堵感からついつい習慣で排尿しながら、トイレの横にある洗浄スイッチを押してしまったのである。

飛行機のトイレは基本的にバキューム式。水は便器を清潔にする為に洗い流す程度でほとんど流れず、尿や大便は強い吸引力で吸い取ってしまう。

スポンサード リンク

老婆は自身の体でトイレを密閉させた状態でこのバキュームボタンを押したから大変な事になってしまった。自身の尿と一緒に大腸までトイレに流されてしまったのである。

その後、老婆がどうなったのかまでは把握出来ていないが、通常の循環式トイレならばこの様な悲劇は起きなかっただろう。

女性ならば用を足している間の音が気になってどこでもかしこでも音消しとして洗浄ボタンを押してしまうのは結構ある事だろう。そんな人の為に最近では音姫の様な洗浄音を流す機器が存在する。

飛行機のトイレの仕様によっては確かにこの様な悲劇があっても不思議ではないが、そもそも女性が音消しの為に洗浄ボタンを押す事自体水の無駄遣いと指摘されている所を考えると、上記の事故の真相は分からなくとも、この都市伝説は女性の水の無駄遣いをやめさせる為の警告なのかもしれない。

いずれにせよ飛行機・航空機内でのトイレには注意した方が良いだろう。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ