消えない飛行機雲 ケム・トレイル

2015-10-24_223810

飛行機雲に関する噂を知っているだろうか。

スポンサード リンク

時間が経っても消える事のない飛行機雲があるらしく、毒雲説やアメリカ軍の科学実験説も浮上している。

そしてこの消えない飛行機雲はケム・トレイル(chem trail)と呼ばれている。コン・トレイル(con trail)の略称であり、飛行機雲より派生した言葉であると言われている。

通常の飛行機雲との違いは、通常の飛行機雲よりも長く残ることとや、消えずに通常の雲に変化する事が挙げられる。

そして、軍の兵器の説が挙がる根拠としては、このケム・トレイルが出現する直前に飛来している軍用機が目撃されている点である。

スポンサード リンク

更に不可思議な点としては、このケム・トレイルの出現する所にはかなりの確率で健康被害が報告されているのである。

逆に、化学兵器が使われた直後に解毒用のワクチンを散布した形跡であるという憶測も飛び交っている。

そもそもこのケム・トレイルという言葉はエイミー・ワージントンという人物が作った造語であり、その定義はある殺人プロジェクトで航空機から散布された大量の有毒金属であるとされているが、そこに有力な証拠は存在しない。

通常の飛行機雲と異なる消えない飛行機雲が現れたとしたら、何かしらの有害物質が散布された可能性があるので注意した方が良いかもしれない。更に、その近くに軍用機が現れたら尚更だろう。ちなみにシーズン的には冬期に現れる事が多いようだ。

このケム・トレイルは多数の国で目撃例がある為、日本も例外ではないのである。

そのような場合はなるべく屋内に避難した方が良い。

スポンサード リンク

信じるか信じないかはあなた次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ