島田秀平『人類の夢を叶える奇跡の草』

都市伝説テラー・島田秀平人類の夢を叶える奇跡の草について語る。

本当に人類の長年の夢を叶える奇跡の草が実際に発見され、それが皆が大好きな沖縄県に生えている。

スポンサード リンク

沖縄県は未だに入ってはいけない場所だとか、絶対に他言無用の秘密のお祭りがあったりと神聖なものが非常に多い。

そして沖縄本島で言えば右下の南城市に『斎場御嶽(せーふぁーうたき)』という凄いパワースポットがあったりするが、この場所から久高島という神々が降り立った島と言われる所が見られる。ここにはルールがあって久高島のものは何でも持ち帰ってはいけない。サンゴとか小石とか貝殻とか持ち帰ると災いが起きると言われている。実際に帰りには靴の溝に入った小石とかも全て払われたりする。

スポンサード リンク

この久高島の中でも絶対に立ち入り禁止のクボーウタキという聖地、神聖な場所があり、そこには島民が槍を持って立っていたりする。

沖縄県全体を見渡しても、そもそも長寿の県ではあるが、ある地域だけ、明らかに異常に平均寿命が高い。100歳以上の人達が沢山住んでいる。

何故、ここだけ平均寿命が高いのか、その理由を研究者が長年調べると、その地域だけの共通の風習があった。それがある草を食べていた。

その草の名前が牡丹防風(ぼたんぼうふう)別名:長命草とも言われており、この草をひと束食べると、寿命が1日延びるという伝説がある。

なので、この草を手に入れて食べれば寿命が100歳を超えるかもしれない。

スポンサード リンク

信じるか信じないかはあなた次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ