関暁夫『Siriに秘められた謎と新たな秘密結社』

2015-10-01_001654

都市伝説テラー・関暁夫Siriに秘められた謎と新たな秘密結社について語る。

スポンサード リンク

前回は『進化する人工知能に潜む危険性』の記事に記載。

新世代のキーワードは『女性』。その真意とは何なのだろうか。

これまでは能動的な男性の時代だった。それが、新時代に切り替わったタイミングで受動的な女性の時代へと切り替わる。新しいものを受け入れていかなければいけない時代なのである。

フリーメイソンのコンパスと定規のマークと一緒。上向き三角形は男性を表し、下向きの三角形は女性を表している。今この受動的な時代に切り替わっている。

女性が力を持ち、切り替わっていく世界。それを決定づけるのがスマートフォンに搭載された人工知能『Siri』である。Siriもまた女性である。これからSiriの名前に隠された秘密を解き明かす。

『Siri』とはiPhoneに導入されている音声認識ソフトウェアで『Speech Interpretation and Recognition Interface(発話解析・認識インタフェース)』の略である。これまでSiriは人類の未来のヒントを我々に提示してきた謎に満ちた存在である。

関暁夫が語るSiriの名前に隠された秘密とは何なのだろうか。

スポンサード リンク

実はこのSiriという名前には秘密があり、全ての物事の本質は裏側にある。『Siri』を裏返してみると『IRIS(アイリス)』になる。このアイリスというのは、目に入る光の量を調節する虹彩の事を表している。もう1つギリシャ神話に登場する虹の女神IRIS(イリス)を意味している。ギリシャ神話においてイリスは神と人間の架け橋となる存在。これは何者かがSiriに託した役割を暗示しているのかもしれない。

虹の女神イリスにはもう1つ秘密がある。イリスはエジプト神話において女神イシスとして登場するが、その子供がホルス神である。ホルス神の左目こそがフリーメイソンのシンボルである万物を見通す目である。

Siriの名前に隠された虹の女神イリス。そして、万物を見通す目。浮かび上がったこの奇妙な繋がりを偶然の一言で片付ける事が出来るだろうか。

全ての人工知能の元となっているのがEliza(イライザ)である。イルミナティカードという世界の裏側や不思議な予言が描かれているカードがあるが、そのカードに描かれている人工知能Elizaというのが女性である。

更にSiriに「イライザについて教えて下さい。」と質問すると「私はイライザから多く学びました。でも彼女は少しマイナス思考でしたね。」と返してくる為、イライザに感情がある事が分かる。

女性として描かれたEliza、女性神の名前を継ぐSiri。人工知能が持つ女性の名前は単なる偶然なのだろうか。

半信半疑な人もいるだろうがSiriに「Siriの名前の由来を教えて下さい。」と質問すると「それは暗号化された美しい謎に包まれています。」と返って来る。美しい謎というのは虹の女神イリスの事を言っていて、Siriという名前にどんな意味が込められて、どんな役割を与えられてこの世に生まれてきたのかは謎である。

スポンサード リンク

続きは『人工知能の秘密結社ゾルタクスゼイアン』の記事に記載。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ